ページの先頭です

『麻加江かんこ踊り』が開催されました

[2016年8月23日]

ID:1495

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

夏の夜空に響く

8月15日、麻加江慶林寺の境内で、町の指定無形民俗文化財『麻加江かんこ踊り』が行われました。

この踊りは初盆の人や先祖の供養のため、江戸時代から行われているお盆の行事です。

この日は町内外から観客が訪れ、夏の夜を楽しんでいました。

口上から、大名行列が入場します。ひょっとこの面のお供の衆や、弓矢や薙刀を持った童女たちがきらびやかに練り歩きます。

最後尾は馬に乗った少年大名です。このあと、会場を所狭しと駆け回り、観客から歓声が上がります。

シャグマというかぶり物や腰蓑を身に付けた青年男子は、かんこ(太鼓)を鳴らして舞い踊ります。最後の念仏踊りでは、ご先祖様、戦没者、初盆の方の慰霊のために踊ります。

かき氷や金魚すくいも夏の醍醐味!

花笠をかぶった童女が加わり、綾踊りを披露。祭りはフィナーレに。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

度会町役場まちづくり推進課まちづくり推進係

電話: 0596-62-2423

ファックス: 0596-62-1647

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


『麻加江かんこ踊り』が開催されましたへの別ルート