ページの先頭です

新型コロナウイルス感染症に伴う特別定額給付金事業について

[2020年5月1日]

ID:2328

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

特別定額給付金について

「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」(令和2年4月20日閣議決定)の趣旨を踏まえ、感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うため、特別定額給付金事業が実施されることになりました。

給付対象者および受給権者

給付対象者

基準日(令和2年4月27日)において、住民基本台帳に記録されている者

受給権者

給付対象者の属する世帯の世帯主

給付額

給付対象者1人につき10万円

給付金の申請および給付の方法

感染拡大防止の観点から、給付金の申請は次の 1 および 2 を基本とし、給付は、原則として申請者の本人名義の銀行口座への振込みにより行います。

1.郵送申請方式

町から受給権者宛てに郵送された申請書に氏名、振込先口座等を記入し、以下の書類を申請書の裏面に貼り付けて同封の返信用封筒で町に返送してください。

  1. 本人確認書類(運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなど)の写し
  2. 世帯主本人名義の振込口座の確認書類(通帳またはキャッシュカードの写し)

2.オンライン申請方式(マイナンバーカード所有者が利用可能)

マイナポータルから振込先口座などを入力した上で、振込先口座の確認書類をアップロードし、電子申請してください(電子署名により本人確認を実施し、本人確認書類は不要)。

※パソコンでの申請には専用カードリーダー、スマートフォンでの申請には専用のアプリケーションのインストールが必要です。

申請・受給の代理について

1.代理申請・受給ができる者の範囲

  1. 令和2年4月27 日時点での申請・受給対象者の属する世帯の世帯構成者
  2. 法定代理人(成年後見人、代理権付与の審判がなされた保佐人および代理権付与の審判がなされた補助人など)
  3. 親族その他の平素から申請・受給対象者本人の身の回りの世話をしている者等で市区町村が特に認める者

2.代理人の本人確認および本人と代理申請する者との間の代理関係の確認

代理人が給付金の受給の申請をするときは、当該代理人は申請書に加え、原則として委任状(申請書の委任欄への記載を含む。)を提出することとします。

なお、当該代理人の本人確認ができなかった場合または本人と代理申請・受給する者との間の代理関係を確認できなかった場合には、申請を受け付けられませんのでご注意ください。

受付

1.郵送申請方式

5月15日(金曜日)から郵送による申請書類の送付を開始します。

2.オンライン申請方式

5月1日(金曜日)からオンラインによる申請の受付を開始します。

申請期間

1.郵送申請方式

5月15日(金曜日)から8月14日(金曜日)(必着)

2.オンライン申請方式

5月1日(金曜日)から8月14日(金曜日)

給付日

交付決定通知書により給付日をお知らせします。

5月29日(金曜日)から順次給付を開始する予定です。


コールセンター(総務省設置)

  • 連絡先 03-5638-5855
  • 応対時間 午前9時00分から午後6時30分(土、日、祝日を除く)

配偶者からの暴力を理由とした避難事例の取り扱い

次の総務省ホームページから「特別定額給付金受給に係る配偶者からの暴力を理由に避難している旨の申出書(別紙様式2)」を印刷の上、必要事項を記載し、長寿福祉課へ送付してください。

※現在でも「申出書」を提出することは可能です。
ただし申出が住民票所在市区町村に到達した時点で、申出者分の給付金を申請した配偶者等に申出者分の給付金の支給決定通知が行われている場合、申出を行った方への交付はできませんのでご注意ください。

総務省「特別定額給付金(新型コロナウイルス感染症緊急経済対策関連)_配偶者からの暴力を理由とした避難事例の取扱い」(外部リンク)(別ウインドウで開く)

給付金を装った詐欺にご注意ください!

特別定額給付金を振り込むために、国や町が振込手数料を求めることはありません。

国や町がATM(現金自動払機)での操作手続きを行うよう、連絡することはありません。

詐欺被害の防止(総務省、警察庁)

お問い合わせ

度会町役場長寿福祉課地域福祉係

電話: 0596-62-1186

ファックス: 0596-62-0054

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


新型コロナウイルス感染症に伴う特別定額給付金事業についてへの別ルート